子供を脱毛サロンに

未成年と脱毛

最近は、子供たちのムダ毛の悩みも低年齢化が進んでおり、小学校の低学年から悩みだす子も珍しくないようです。子供たちの間では、まわりとちょっと違うだけでからかわれることも多いですから、できるだけケアしてあげたいところですよね。脱毛器や除毛クリームなどいろいろな処理方法がありますが、脱毛サロンという選択肢もあります。近年は小学校1、2年生から通える、「キッズ脱毛」のメニューを用意している脱毛サロンも増えてきました。メニュー内容は基本的には大人の施術と同じで、ほぼ全身の脱毛を受けることができます。ただし、子供が一人で契約することはできません。

 

親の承諾書が必要だったり、最初のカウンセリングは親同伴が必須など、保護者のはっきりした同意と承諾が求められます。親子で通うと料金が割引になるサービスを提供しているサロンもありますから、年令が低いうちはこのようなサービスを使って、お母さんが一緒に行くと安心ですね。子供が脱毛を受けるにあたっては、認識しておくべきことや、気をつけることがいくつかあります。

 

まず、子供の場合、まだホルモンが安定していないため、脱毛効果は確実ではありません。特に女の子の場合、きれいに脱毛しても、二次性徴が始まるとムダ毛が再生される確率が高いです。そして、施術時の痛みや火傷に気をつけること。サロンではテスト照射を行うなどの対策は取られていますが、子供の皮膚は大人が思うよりも薄くてデリケートです。出力調整や体調のちょっとした変化で、かゆみや火傷などのトラブルが起きるリスクは高いです。

 

おとなしい子は熱いと思っても我慢してしまうこともありますから、アフターケアはサロン任せにせず、保護者の方もチェックして、どこか熱かったり痛かったりする部分がないか、お子さんに確認しましょう。子供の脱毛は、大人の場合と違って、美容的な目的以上に、精神的なストレスを取り除いてあげることが目的です。痛みを我慢して通っているうちに施術自体が苦痛になってはかわいそうですね。脱毛を受けている間は、心身のケアに気を配ってあげてください。